×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

JCOM(ジェイコム)JCOM横浜(ジェイコム)
ジェイコム横浜について
J:COM横浜エリアについて

旧メディアッティ

ケーブルテレビ解約



横浜テレビ局(ジェイコム)


横浜市南区、中区、磯子区、西区 J:COM横浜


横浜テレビ局(J:COM 横浜)のサービス提供エリアは、神奈川県横浜市南区、中区、磯子区、西区と(一部地域を除く)なっており、
みなとみらい(ランドマーク)等の影響で、当時の電波障害の対象になっている地域が多いようです。


横浜市 地上デジタル放送への対策(電波障害対象地域)

今までの電波障害対象地域は、地上アナログ放送の電波障害であり、共聴施設(共同アンテナ)のほとんどが地上アナログ放送の視聴のための設備・補償です。

 地上デジタル放送の障害があった地域でも、地上デジタル放送への移行により、
ほとんどの地域で電波障害の問題が解消されるようです。

そのため、地上デジタル放送受信対策は、ご自身で対応することになっているようです。 (アンテナ設置・ケーブルテレビに加入・フレッツテレビに加入など…)

参考:ビル陰等の電波障害地域で共同アンテナ施設利用 →デジサポ


横浜テレビ局は1990年5月30日に設立し、
2008年には、一旦、「メディアッティ」のサービスになりました。
株式会社ジュピターテレコムが株式会社メディアッティ・コミュニケーションズを吸収合併したことによって、2009年に「J:COM横浜」となり、2010年からJ:COMのサービスを開始しました。
参考:Wikipedia:横浜テレビ局



メディアッティ/横浜テレビ局


横浜テレビ局の新・旧サービス


横浜テレビ局及び、メディアッティの旧サービスについては、2010年2月末日をもって新規受付を終了しています。
旧テレビサービス 「横テレプライム」「横テレジャスト
インターネットの旧サービス30M、10M、2Mや、
電話サービス「ケーブルプラス電話」
メディアッティグループ→ブランド名変更「J:COM」
J:COM横浜ホームページ

現在はJ:COMのサービスを提供中




スポンサードリンク


J:COMについて
もっと詳しく▼

J:COM

J:COM vs フレッツ

J:COM提供エリア

J:COM評判

J:COM解約


HOME


横浜テレビ局 解約



横浜市の南区、中区、磯子区、西区 地デジ対策比較


J:COM横浜のエリアでは、NTTのフレッツテレビも利用できるので、どちらが良いか比較してもよいでしょう。
フレッツテレビ提供エリア

J:COMとフレッツテレビの比較はこちら→J:COM vs フレッツテレビ 比較

地デジ用のUHFアンテナでの受信については、事前に電波が届くのか確認した方がよいかもしれませんね。



ケーブルテレビの解約


横浜テレビ局(J:COM横浜)のサービス解約ですが、基本的にはJ:COM解約の流れと同じだと思います。
電波障害エリアや、旧サービスの契約等によって違いがあるかもしれませんので、直接問い合わせをした方が間違いないでしょう。



※このサイトは個人的に情報収集をしたものです。内容・料金等は正式HPで確認する等、自己責任でお願いいたします。
Copyright (C) 2008 フレッツテレビ・CATV・アンテナの地デジ比較 All Rights Reserved.